妊娠初期の腹痛の原因

女性が妊娠するとき、体の中にホルモンの分泌が大きく変わります。ホルモンのバランスが乱れています。ホルモンバランスの乱れに従って、身体の状況はいろいろな変化が現れてきます。それらの変化の中に一番実感できるのは腹痛だと認められています。

妊娠初期の腹痛を引き起こす原因はおもに子宮の変化、、便秘と下痢、子宮外妊娠と流産などがあります。

子宮の変化で起こる腹痛
妊娠初期に赤ちゃんの成長に伴って子宮がどんどん大きくなります。子宮の増大はその周りの内臓やお腹の皮が圧迫されますから、腹痛が起こります。その腹痛は異常の痛みではなく、一時的な痛みです。

便秘と下痢による腹痛
妊娠するとき、体に様々な症状の中に便秘と下痢がよく見かけています。妊娠中の便秘は、黄体ホルモンの分泌量が多いために起こるのだそうです。また、便秘だけではなく、反対に下痢になることもあるのだそうです。体調の変化によって、ホルモンバランスが崩れてしまいます。そのため、自律神経にも乱れ、消化機能の働きや体の抵抗力が落ち、便秘と下痢による腹痛が頻繁に起こることがあります。

子宮外妊娠や流産
以上の原因で起こる腹痛は体の状態を調整するとともに、一般的に消えたり、改善させたりすることができます。それで、そんなに心配する必要はありません。しかし、妊娠初期は流産が発生しやすい時期ですので、激痛や出血を伴う腹痛の場合、子宮外妊娠や流産の可能性がありますから、注意すべきです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です