痛み止め「ロキソニン」はどんな薬?

痛み止め「ロキソニン」という薬を聞いたことはありますか?痛み止め・解熱の薬で、少し前までは医療用として処方箋がないともらうことができませんでした。それが数年前より市販でも販売できるようになり、より知名度が上がりました。

特に女性は生理痛などでよくお世話になっている人が多いのではないでしょう。良く効くため、常備薬として置く人も多いでしょう。

そこで今回はこの痛み止め「ロキソニン」について詳しく見ていきたいと思います。

痛み止め「ロキソニン」ってどんな薬?

ロキソニンは商品名であり、成分名(一般名)はロキソプロフェンナトリウム水和物といいます。この成分は先ほども述べた通り、医療用医薬品として医師の処方がないと購入することができませんでしたが、2011年に市販で購入することができるようになりました。

このように、医療用から市販で販売することができるようになった薬のことを「スイッチOTC医薬品」と呼びます。

すぐれた解熱・鎮痛効果を持ち合わせており、第一類医薬品に分類されているため、薬剤師がいるところでしか購入することができません。薬剤師がいない時間帯に購入することもできません。
市販薬と処方薬の違い

ロキソニンは医療用医薬品の商品名であり、市販薬としてはロキソニンSやバファリンEX、エキセドリンLOXなどいろいろなメーカーから販売されています。これらの市販薬は、処方薬とどのように異なるのでしょうか?
「ロキソニンS」は、用法以外は医療用とおなじ!

市販薬の種類によっても変わってきますが、一番有名な「ロキソニンS」においては、医療用医薬品と異なるのはその用法のみです。1錠における成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤形などは医療用のものと同じです。

市販の「ロキソニンS」は頓服用で短期使用を目的としていますが、医療用としては頓服だけではなく定期的に服用する場合もあり、用法用量が異なっています。しかし成分量は同じであるため、効き目は変わりありません。

Comments are closed.