痛み止めの種類、注意点と副作用について

  • 痛み止めとは

痛みを取除くか,軽くさせる薬剤。実用上はモルヒネ,コデインなどの麻薬系アルカロイド類のもの,非アルカロイド系 (麻薬外) の合成薬品,アスピリンをはじめとする解熱性鎮痛剤,3級アミン体を主とする自律神経節遮断剤などがある。 痛み止めには、胃炎や十二指腸潰瘍などの副作用があります。

  • 痛み止めの種類は、主に3種類です。

►医療用麻薬

精神的・身体的依存性がある、強い鎮痛作用を持つ薬。手術やガン性疼痛の鎮痛治療薬として使用されます。

►非麻薬性鎮痛薬

脳への働きは弱く、鎮痛作用と、熱を下げる作用があります。また、炎症を抑制する働きがあります。

►局所麻酔薬

痛みを伝える神経線維の興奮を抑制して、痛みを取り除きます。

普段、皆さんが病院や薬局で処方される痛み止めは、ほとんどが非麻薬性鎮痛薬です。代表的な薬には、ロキソニン、ボルタレン、ロピオン、アスピリンなどがあります。

  • 痛み止めの副作用

鎮痛剤で最も多い副作用は、「胃の不快感」「胃痛」「胸やけ」などの胃の症状です。調査によると、胃の症状の発現率は3~4人に1人ともいわれ、ひどい場合には、症状もなかったのに突然出血して、病院に運ばれることもあります。また、消炎鎮痛剤で潰瘍になった患者さんのうち約半数は、全く自覚症状がなかったという報告もあります。

  • 注意点

►胃腸炎・胃潰瘍の副作用にご注意 長期連用NGの薬も

効果の強い痛み止めは、胃粘膜や血管にも影響を及ぼし、胃炎や吐き気といった胃腸障害、胃・十二指腸潰瘍などの副作用がありました。しかし、最近では鎮痛効果が高いのに副作用は少なく、速効性のある痛み止めも出てきていますので、賢く選ぶことが必要です。

►鎮痛剤が頭痛を引き起こすことも……

痛み止めを長期間飲み続けていると、脳の過敏性が高まり、痛み止めに依存した脳になってしまいます。痛み止めをやめることが、頭痛を止める方法とは、なんとも皮肉な話ですね……。

►水ナシで飲むのはNG!飲み合わせにも注意

痛み止めに限らず、普通の錠剤を水なしで飲むのは絶対にNGです。薬によっては、水なしで飲むと溶けずにそのまま排泄されてしまうこともあります。

また、飲み合わせにも注意が必要です。

►こんな頭痛は、市販薬で済ませずに医師の診察を!

発熱、吐き気、意識障害を伴う頭痛は、インフルエンザウイルスを含む気道の感染症の可能性があるので、重症化する前に受診しましょう。

また、目の痛みを伴う頭痛の場合は、緑内障の可能性がありますので、一度眼科を受診してください。

 

Comments are closed.