腰痛痛み止め注射━神経ブロック注射

痛みは一方で、痛みは苦しみや不安を与え、不眠、意欲の低下を起こし、これまでの生活を困難にさせます。生体では血圧上昇や心拍数の増加、頻呼吸など生体機能にも悪影響を及ぼします。ここでは、腰痛痛み止め注射━神経ブロック注射を紹介します。

  • 神経ブロック注射とは

腰痛をもたらす原因となっている神経や、その周辺に局所麻酔薬を注射し、痛みを抑える治療法です。血流をよくする効果もあることから、筋肉の張りによる腰痛の解消も期待できます。主に、ペインクリニックや麻酔科や整形外科の外来で受けることができます。腰痛は、主に骨や関節、靭帯、筋肉など、腰周辺のさまざまな組織が原因で起こります。神経ブロック注射では、障害を起こしている部分に直に局所麻酔薬を注入し、神経を遮断することで、まず痛み自体をやわらげます。炎症による痛みが強い場合は、局所麻酔薬と一緒に炎症を抑えるステロイド剤も注入することで、症状を軽減させることもあります。

  • 神経ブロック注射の効果

注入された局所麻酔薬は、痛み部位の筋肉をほぐし、血流を改善させます。結果、広がった血管を通して酸素やたんぱく質などの栄養を痛い場所に効率よく運ぶことができ、痛んだ神経や筋肉を効果的に、自然に治癒するより早く回復させることが可能です。ブロック治療とは単なる対症療法ではなく、自分で自分の痛い場所を治そうとする、人間の持つ自然治癒力をサポートすることで、治癒能力をアップさせる画期的な治療方法といえるでしょう。また、薬物療法などに比べて、痛みの部位に限局して高い効果を示すため、全身への影響が少ないという利点もあります。

  • ブロック注射のデメリット

しかし、ブロック注射を受ける時はそれなりのリスクがあることも、しっかり把握しておかなければなりません。神経の近くに注射針を刺すわけですから、絶対に安全ということはなく、神経や血管の損傷によって麻痺やしびれ、あるいは痛みなどが生じるというケースもあるようです。数ミリ単位の位置調整も必要になることから、医師の技術力が問われる治療といえそうです。ブロック注射は痛いと言われていますが、それは注射を打つ場所や個人の痛みに対する感じ方によっても大きく違ってくるようです。

Comments are closed.